大豆イソフラボン&プエラリア...
人気製品の中から特に注目アイテムを試飲
本当に満足度の高い製品をまとめました!

豆乳に含まれているイソフラボンの効果はどういうの?

イソフラボンというと、大豆に含まれていることで一般的に良く知られています。
そして、豆乳は大豆から作られています。
そのため、豆乳イソフラボンが多く含まれています。
近年になって注目を浴びているのは、健康維持や美肌対策に良いということからです。
イソフラボンは、簡単に大豆製品の食物から摂取できますが、手軽に摂取したい時にはサプリメントを使用するといいです。

この豆乳イソフラボンというのは、主に化粧水などに含まれていることが多いです。
それは、ハリやツヤが出てくる効果があり潤いも保てるため、美容面で特に期待されているからなのです。
また、豆乳でイソフラボンを摂取する場合には、比較的とりすぎるということはないです。
しかしサプリメントの場合は、副作用が出てくるので注意が必要です。

豆乳のイソフラボンも、女性ホルモンであるエストロゲンのような働きをしてくれます。
そして、健康的にも精神的にも体が良い状態となってきます。
更年期障害など、加齢などによってエストロゲンの分泌が少なくなってくると、体の不調が始まってきます。
そんな時に、イソフラボンを摂取すると症状が穏やかになってきます。

ただし、やはり体に良くてもとり過ぎは危険です。
そのため、一日の摂取量には注意が必要になってきます。
厚生労働省では、一日の摂取量を70から75mgが望ましいとされています。
豆乳でいうと、200mlに含まれているイソフラボンは50mlとなり、ほぼ一日に必要な量です。
サプリメントで摂取する場合には、入れ物に書いてある摂取量を守るようにします。
そう考えると、大豆製品からでも摂取できますが、サプリメントからの方が手軽に安心して摂取できます。

トップに戻る